他人が絡むと起こりやすいキャッシングトラブル

友人がお金に困っていて、お金を借りるすべもないからとキャッシングを頼んできたりしても、絶対に断るべきです。キャッシングをするとしても他人のためにはしてはいけません。そうして貸したお金が返ってくる可能性はとても低い上に、返してくれると言った期限を信じて自分では返さずにいたりすると、金利が高いので返済額はどんどん大きくなってしまうのです。

そして、返さないからと別の金融業で借りたお金を返済に回す事になったりしたらもうひたすらお金を返し続ける事になっていってしまうのです。キャッシングはあっという間にお金が借りられてしまうので、手続きに時間もかからず考えてやはりキャッシングを止めようと考える暇すら与えられません。だからこそ、人のためには貸さない、キャッシングしても人にはキャッシングカードを持ってる事などは話さないようにするべきです。

キャッシングのカードを持ってるのを知られると、身近な人から不正利用される恐れがあります。信じたくはないでしょうが、キャッシングのカードを盗み取られて勝手にお金を借りられてしまうのです。それをちゃんとその人が返済してくれなくなって初めて自分の所に連絡が来るので、キャッシングについては人には話すべきではありません。たとえどんなに仲の良い人でも、お金の話については慎重になり過ぎるくらいが丁度良いのです。

もしも、金銭トラブルで困ってしまった場合は…⇒
国民生活センターに相談することをオススメします。消費生活全般の相談を受ける国民生活センターです。お金に関するトラブルも相談に応じてくれます。