大学の学費が払えなくなりそうでした

大学時代、家が裕福でなかったことと、両親が高齢で定年退職しており、年金以外の世帯収入がなかったことから、アルバイトで自らの学費を賄っていました。学校の授業は、基本全部出席し、単位を落とさないように心がけていたので、アルバイトは深夜に行っていました。

月10万前後は、コンスタントに稼いでいましたが、年間の学費が約100万、その他通学にかかる交通費、教材費用や小遣いも全てアルバイトで賄っていたので、常に金銭的な余裕がありませんでした。学費は、半年に一回50万程度を支払うのですが、二回生のとき支払い期日までに支払えないほど金銭的に苦しい時がありました。ついつい友達との付き合いなどで羽目を外して遊んでしまい、約10万程度不足している状態でした。

親には頼れず自分でもどうしてよいかわからない状態でしたが、毎月入金される奨学金と手持ちのお金や口座の残金をかき集めて、それでも不足する分は、日雇いですぐ現金払いしてもらえる仕事をこなし、なんとか危機を回避しました。消費者金融でお金を借りる ことも考えましたが借りることなく何とかすることが出来間hした。

いまでは、奨学金も完済し普通の生活を送っていますが、あのときにお金を稼ぐことの大変さや、お金の大事さを学んだことで、いまの普通の生活かあると考えています。